fc2ブログ

06

15

コメント

「代役」~思い出語り

IMG_20230615_223511~2
*師匠の代役を務めた作品です


役者時分、「代役」について芝居の師匠に言われたことを思い出します。

「自分に与えられた役の一つ上、または二つ上のランクの役も覚えること!」

現在の演劇界は分かりませんが、当時、私がいた商業演劇では座長システム(ポスターなどで見かける「〇〇特別公演」等がそうです)でした。

有名な俳優や歌手の方が主役(座長・座頭)を務め、それを有名な俳優の皆さん(看板さんと言います)が脇を固めます。

俳優のランクがしっかりと分けられている世界です。

だから商業演劇において無名の俳優が大抜擢されることなど余程のことがない限りビジネス的にはありえません。

そんな商業演劇の世界ですが、出演者が体調不良や不慮の事故で舞台を降板されることがあります。

その時に代役のチャンスが訪れます!

そうです、「役」がスライドしてくるのです。

私にもその経験あり!

舞台の花道上(七・三スッポンとも言います)で状況説明をする武士の役を頂きました!(^-^)b

今でも思い出します…正直「役」を頂いた嬉しさもありますが、舞台を降板された方もいらっしゃいますので、そのことを考えるととても複雑な気持ちでした。

しかし、それとは別にとても怖い一面もあります。

それはしっかりその「代役」の務めを果たさないと次の機会がないということです!

役者として「使えない」のレッテルを張られると「役」どころか次の出演の機会もなくなります。

だから普段からの備えがとても大切であり、チャンスが来てから準備しても遅いのです!

稽古に入れば自分の「役」以外のことも絶対に覚えておいた方が良いですよ、チャンスがいつ来ても良いように!
スポンサーサイト



06

05

コメント

新しい試み(企画)

新工房

新しい企画(会・工房/教室)スタートしました!

勉強会と工房(教室)。

一つは私の個人的な勉強会。

もう一つは全く新しい工房(教室)。

殺陣をはじめいろいろと学んだ多くのことを整理しそれらを伝えたい!

それらが生徒さんにとってとても役に立つものにしたい!

古き良き知識や技術を今でも通じるように伝え残せたらと思い始めました。

企画を進めながらどんどん改良していきます。

だから今回の企画は殺陣工房の会員限定です、

早く一般受付出来るよう頑張ります!

プロフィール

井上謙一郎

Author:井上謙一郎
殺陣教室『殺陣工房』 主宰の井上謙一郎です。

倉田アクションクラブ、谷剣優会を経て殺陣師へ。

明治座など商業演劇で数多くの作品の殺陣指導を担当。
また劇団・養成所・専門学校・コンサート等でも殺陣やアクションを指導しています。

「殺陣工房」では殺陣・時代劇の基本所作・アクション・受け身を指導。
舞台や映像の現場での実践経験に基づいた指導しています。
また殺陣指導に関するコンサルも承っております、お気軽にご相談ください。
オンラインでの受講も可能です。

それ以外にも自身のケガの体験を踏まえ俳優の労災問題にも取り組んでおります。
こちらもお問い合わせ下さい。

FC2カウンター

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2アフィリエイト

Designed by

Ad